薩摩黒酢倶楽部

あまん通信

健康の森からのお知らせ

2000/03/01

あまん通信2012年3月号

日差しの心地良いぬくもりに、日を追うごとに春の深まりを感じます。
温かくなると、どこかに出掛けたくなるものですよね。
九州新幹線が全線開業して、早いもので1年が経とうとしています。
1周年記念のイベントもあるようですので、お出掛けになってみてはいかがでしょうか。
花どきは寒暖が定まりにくく、体調を崩しやすい時期です。
どうぞご自愛くださいませ。
(今)



「すたっふるーむ」


「ハゥ ドゥー ユー ドゥー?(お元気ですか?)」
昨年から月に2回、会社の福利厚生で英会話に通っています。
この時間だけは学生気分♪
勉強といっても、英語と日本語を織り交ぜながらお話しするので、
たびたび話が脱線することも…(笑)。
でもそこが、気取らずに話せるので、英会話の日がとても楽しみなんです。
「継続は力なり」が実行出来ない私ですがこの英会話なら続けられそうな予感です。
(加)



「今月の四方山話」


『書けそうで書けない漢字って?』

ずいぶん暖かくなりましたが皆さんお元気ですか?
今年も時代を先取りしすぎて、気分は初夏の編集長です(笑)。
突然ですが「漢字」書いてますか?
私はさっぱり書いてません…。
自宅でも会社でもパソコン三昧、それ以外でも携帯を触りまくっている私は、
先日「月極駐車場」の「極」の字が全く出てこずに大恥をかいてしまいました…(汗)。
そこでふと「書けそうで書けない漢字ってどんなのがあるんだろう?」と思い調べました。
第一位は「薔薇」。う~ん確かに。形はイメージできるけど細部がよく分かりませんね。
第二位は「挨拶」。これも書けないですね。とくに「拶」は思いつかないかもしれない…。
第三位は「憂鬱」。これは有名ですね。
そういえば私の同級生でこの「鬱」の字を書くために替え歌作ったのがいましたね(笑)。
この原稿書きながら「やっぱり書けないな」と思いつつ、
これらの漢字を見事に変換する私のデスク上の「パソコン様」に感謝する編集長です(笑)。
(星)



「〝ほっ〟とダイアリー」


皆様いかがお過ごしですか?
少しずつあちらこちらで、春の訪れを発見する度に嬉しくなる今日この頃です。
今回は私が初めてリハビリを体験した時のお話。
先月、右足を痛めてしまい整形外科にお世話になりました。
リハビリ室に入ってビックリ!
患者さん同士がみんな家族の様に仲良く歓談しながら、リハビリに励んでいるんです。
順番を一緒に待っている間に、私もなぜか仲良くなってしまいました(笑)
初めてのリハビリだった事もあり、かなり緊張していたはずが…
気がついたら不安な気持ちが飛んでいってました。
みんな何らかの症状があって、通院されているだろうに、
笑顔で前向きにリハビリを頑張っている姿をみて、勇気づけられました。
笑顔や笑い声というのは、こんなにも人をハッピーにさせてくれるパワーがあるんですね。
(柿)

上に戻る