薩摩黒酢倶楽部

あまん通信

健康の森からのお知らせ

2001/02/01

あまん通信2013年2月号


春の足音はすぐそこです。

2月の異名の一つに、草木張月(くさきはりづき)とあるのをご存知でしょうか。
草木の芽が張り出す時期であることから呼ばれています。
寒空の下の裸木も、よく見るとちゃんと芽が出ていました。
いつ春がきてもいいように、既に支度を整えているようです。

そろそろ全国的に梅の開花時期。
きっと植物たちは、敏感に季節の移り変わりを感じ取っているんでしょうね。
私たちも負けないように、元気に冬を乗り切りましょう!
(今元)


「すたっふるーむ」


先日、我が家に待望の赤ちゃんが誕生しました。
元気な男の子で、初めての育児に、日々奮闘中です。
まだまだ育児に関しては半人前の新米パパですが、
「この子は親のひいき目なしに見ても、世界一かわいいと思う。」
と、周囲の人に言って回る親バカっぷりだけは、既に一人前なのでした。
(上園)


「〝ほっ〟とダイアリー」


皆様いかがお過ごしでしょうか。
こう寒い日が続くと、休日の度に温泉に通ってしまいます。
温泉天国・鹿児島だからこそできる事ですね。
そういえば、鹿児島には「砂蒸し温泉」という珍しい温泉もあるんです。
温泉で加熱された砂浜の上に寝て、更に砂を全身にかけてもらいます。
数分後には全身に汗が吹き出し、爽やかな気分になれます。
疲労回復をはじめ美容にもいいんだとか!
心と体をほぐすには温泉に限りますね。

話は変わりますが、先日、家族で百貨店のファミリーレストランに行きました。
家族で訪れたのは何年ぶりでしたでしょうか?!
今も変わらない店内を目にした途端、お子様ランチを毎回食べていた幼少時の自分が思い出され、微笑ましい気持ちになりました。
ついつい新しい飲食店ばかりに目がいきがちですが、たまには昔馴染みのお店に足を運んでみるのもいいものですね。
(柿内)




「お客様インタビュー」


ご愛飲歴 2年 兵庫県在住 末積 治子様 78歳

もう二年も経ってるとは、自分の事ながらびっくりしました!
孫の成長を、これからもずっと見守っていきたい。
インタビュー2月
「お酢は昔から好きだったんですよ。酢の物もよく食べるし、液体の黒酢を買ってたこともあるんです。でも、好きでも飲み続けるって意外と大変…。そんな時に『薩摩くろす丸』を知ったんです。これは飲みやすい!と思ってましたけど、飲み始めてからもう二年も経ってるとは、自分の事ながらびっくりしました!」
と優しい笑顔を浮かべながら仰るのは兵庫県在住の末積治子様(78歳)
60歳から始められたという趣味の水彩画は、かなりの腕前です。
ある時などは、全ての家事を終えられて、夜中に描いてらっしゃったこともあったとか。
当然ながら翌朝は、いつも通りに朝から家事をされていたそうです。
「近所に住んでいる孫の成長を、これからもずっと見守っていきたい」と満面の笑顔で仰っていたのが印象的でした。
これからもお元気でお過ごしください。
(星原)


「わが家のペット自慢」


ペット自慢2月
我が家の「はるか」はビーグルとシェパードのミックス犬です。
実は「はるか」は生まれてから半年間、虐待にあっており人間嫌いになっていました。
我が家で3代目の飼い主になります。怯えて散歩ができずにいた「はるか」。
前の飼い主が放棄しそうになったところを我が家で引き取ることになりました。
あれから1年が経ちます。
今ではすっかり慣れ、毎日こちらが癒されています。かけがえのない家族になりました。
●本当に「はるか」ちゃんは安藤家に飼われて良かったですね。ペットを飼う時は責任を持って、家族の一員として飼うようにしましょう。
(取附)



上に戻る