薩摩黒酢倶楽部

あまん通信

健康の森からのお知らせ

2014/01/01

あまん通信2014年1月号


謹んで新年のお慶びを申し上げます。

皆様には、お健やかな新年を迎えられたことと存じます。
旧年中は格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございました。
今年も、皆様のライフスタイルに寄り添った商品をお届けできますよう、
社員一同、気持ちを新たに精進して参ります。
本年も変わらぬお引き立てのほど、宜しくお願い申し上げます。
寒さもこれからが本番です。
お風邪などひかれませんよう、お気をつけ下さいませ。

(今元)




「〝ほっ〟とダイアリー」


皆様いかがお過ごしでしょうか?
我が家では毎年末、お餅を山の様に作ります。
よって1月においては餅続きの日々…。
手作りお餅は歪な形で笑えるけど、味はなかなか美味しいんです!
焼餅の香ばしい匂いで目を覚ますのも悪くないものです。
さて昨年の話にはなりますが、人生初の「ナンコ大会」に参加してきました。
そもそもナンコとは?
鹿児島に古くから伝わる酒席遊び。
二人で向き合いそれぞれ三本のナンコ玉を持ち、拳の中に隠して出し合い、
相手が持っている本数を当てたり、双方合計の本数を言い当てたりする遊び。
言い当てた方が勝ち、負けたら焼酎の盃を飲み干します。
面白いのがナンコの本数の呼び方。地方によって異なるようですが、
1=天皇陛下(この世に一人)や、5=オリンピック(五輪の輪)など。
また鹿児島弁での表現も多く、0=おいやらん(誰もいない)、2=げたんは(下駄の歯)、
4=かやんついて(蚊帳の吊る手)など、1つの数字に幾通りも言い方があるようです。
鹿児島にこんな楽しい伝統文化が残っていたなんて!
皆様も機会があれば体験してみてくださいね。

(柿内)






「わが家のペット自慢」


今月の“わが家のペット自慢”は、
今月は、鹿児島県にお住まいの長野様の猫ちゃんを紹介します!

ペット自慢1月
自慢の「るーく」は生後、間もなく我が家にやって参りました。
掌にのる位小さく、哺乳瓶でミルクを飲んでいた姿が懐かしいです。
それが・・・今では、「子豚」と間違う程、ビッグになってしまって・・・(笑)
そんな「るーく」は私たち家族を癒してくれます。



●本当に大きく育ちましたね!大変失礼と思いながら笑ってしまいました。
私も「るーく」に癒されました。
(取附)



上に戻る