薩摩黒酢倶楽部

あまん通信

健康の森からのお知らせ

2014/11/01

あまん通信2014年11月号


秋の日は釣瓶落とし。
吹く風に涼しさよりも、冷たさを感じる季節となりました。
一日一日、日暮れが早まるのを感じます。
夕暮れに焼き芋を売る声が聞こえると、心ゆらぐ今日この頃ですね。
早めに家路につき、お鍋を囲んで秋の夜長を楽しんでいます。
体も喜ぶ、旬の食材をふんだんに使った食事で、
これからやってくる本格的な冬に向けて、体の中から冬支度を始めましょう。
秋から冬への日々は早いものです。どうぞご自愛くださいませ。
(中村)



かごんま弁講座


こんにちは。
今回から新コーナー
『かごんま弁講座』が始まりました。初回なので、鹿児島で一番使われている(かも?)
かごんま弁を紹介します。
『わっぜえ』という言葉を、皆様は聞いたことがあるでしょうか。
割と有名なので、
ご存知かもしれませんが、「たいへん」や「ものすごい」という意味です。
「たいへんなことになった」と言いたい時に、かごんま弁を駆使すれば「わっぜえこちなった」となります。
ところで、鹿児島出身でアイドルグループAKB48に所属している柏木由紀さんが、
某缶コーヒーのテレビCMで「おはようごわす。わっぜ応援しちょっど!」と言っている場面を見たことはあるでしょうか。
これは翻訳(笑)すれば、「おはようございます。
とても応援しているよ!」となりますが、未だかつて「おはようごわす」という挨拶を、
このCM以外では聞いたことがありません。私もまだまだかごんま弁を語るにはまだまだ未熟なようです。
『かごんま弁講座』を通して私たちもかごんま弁を勉強し、鹿児島の魅力を皆様にお伝えできればと思います。
それでは、次回もお楽しみに!(上園)




“ほっ”とダイアリー


何年か前に始めた朝のウォーキング。
近所の川沿いを歩いています。
季節の移り変わりを玄関のドアを開けた瞬間に肌で感じたり、
夜明けの空の色の変化を眺めたりするのが好きです。
最近は、あひるが白鳥を育てた“みにくいあひるの子”
ならぬ、あひるが鴨を育てている親子に出会い、楽しみが増えました、いつも仲良く3羽一緒です。
もっと近くで見たいと思い川べりに行くと、驚いたことに人馴れした親子が寄ってくるではありませんか!
それ以来、時々パンを持って散歩するようになりました。
大雨や台風の時は、大丈夫かな?と心配になったり、
またいつものように3羽が一緒に泳いでいるのを見るとホッとしたり。
すっかりあひるの親子を羽が子のように思っていることに気付かされるのでした。
(取附)




お客様インタビュー



1日1粒。これで元気でいられるんです。
お客様インタビュー11月


黒酢の良さをわかっているからこそ、
飲みやすい『薩摩くろす丸』は手放せません。
「長いこと飲んでいるおかげでずっと健康なんです。
これがないとダメなんですよね。」
とおっしゃるのは、鹿児島市在住の西ヒサ子様73歳。
2008年からご愛飲いただいており、薩摩くろす丸はもちろん、
黒酢の良さは十分理解しているとのことでした。
そんな西様、以前は液体のお酢を飲んでいらしたそうですが、
匂いや酸味で飲みにくく続かなかったそうです。
「『薩摩くろす丸』はカプセルだから飲みやすく、そこが手放せない理由。
“これ”と決めているので、ずっと飲み続けます。」
とおっしゃっていました。
仕事や子育てを頑張ってきたから、これからはご主人様と二人だけの時間。
週に3回はグラウンドゴルフをしたり、温泉に行ったりと、
毎日を楽しく過ごしていらっしゃいます。
お話を伺いながら、私も楽しい時間を共有させていただきました。

これからも西様のご健康に『薩摩くろす丸』をお役立てくださいませ。
取材/白澤

上に戻る