薩摩黒酢倶楽部

あまん通信

健康の森からのお知らせ

2015/07/01

あまん通信2015年7月号


暑中お見舞い申し上げます。


いよいよ本格的な夏が始まりました。

鹿児島の夏の風物詩で、涼を楽しむ「そうめん流し」があります。
円卓のの上で水の中をそうめんがぐるぐると回っているのを見ていると、一瞬で暑さを忘れることができます。
さらにマスの塩焼き・鯉こく・鯉のあらい等と一緒に食べると、一層美味しく頂けます。
皆様の地域にはどのような涼を楽しむ方法があるでしょうか?
日中は日差しが強くなりますので、紫外線対策をしてお出かけくださいませ。
(札内)


すたっふるーむ



こんにちは!私は2月から健康の森で働いております、熊本県出身の土屋と申します。
会社ではコールセンターでオペレーターをしています。鹿児島に住んで、桜島の雄大さに感動!!
早速、人生初の桜島の降灰を体験してビックリしましたが、美味しい郷土料理や温泉を沢山満喫していきたいと思います。
先日、久し振りに実家へ帰省しリフレッシュしてきました。
こちらでの生活で不便だったこともあり、鹿児島へは原付バイクに乗って帰ってきたのですが、
熊本から鹿児島までは約200kmあり、かかった時間はなんと7時間!!
とても大変でしたが、熊本から鹿児島間の地域を巡り、ちょっとした冒険気分でした。
まだまだ不慣れではございますが、皆様のお電話お待ちしております!!
(土屋)


わが家のペット自慢



今回は鹿児島県にお住いの徳重様のりりしい姿のワンちゃんをご紹介いたします。

我が家の“レオ君”散歩が大好きで1時間ほど近くの公園を散歩しています。
性格は大人しく、優しい“レオ君”です。レオ君のお陰で楽しく暮らしています。

とてもイケメンのレオ君ですね。これからも家族仲良く過ごしてくださいね。
(取附)



お客様インタビュー



朝がスッキリ、目覚めばっちり!かつおパワーを実感しています。
お客様インタビュー7月

●ご愛飲歴 6ヶ月
●鹿児島在住
●有馬敏郎様・久美子様 ご夫婦
職業柄、なかなか疲れがとれない毎日を過ごしていましたが、
「鰹一番せんじ」を飲み始めてシャキッと朝を迎えられることを嬉しく思っています。【夫・敏郎様】
以前は休みの日はぐったりしていましたが、「鰹一番せんじ」を飲み始めてからは
「何をしようかな!」と休日が待ち遠しく、元気に楽しむことができています。
本当に、かつおパワーを実感しています。
そして、何より嬉しいのは、主人の目覚めが良く朝から機嫌が良いこと!
夫婦円満をもたらしてくれました。(笑)【妻・久美子様】
ご夫婦で、ご愛飲頂き
ありがとうございます。
お二人で、昼間はランチ・夜は居酒屋、ある時は「俳優・声優業」、イベントでの「音楽活動」、
そして、ご主人様は「薬丸自顕流の稽古」と休む間もなく活動をしていらっしゃいます。
「鰹一番せんじ」がそんなお二人の、元気の源になっていることをとても嬉しく思います。
これからもご夫婦仲睦まじく、益々ご活躍されることを願っております。
取材/中川


第8回 かごんま弁講座


鹿児島県の薩摩地方には参勤交代のあった江戸時代の初期頃、中宮で使われていた隠密語今も語り伝えられています。
中宮では外部からのスパイを防止するため、自分達だけにしか分らない言葉を使っていたそうです。\(◎o◎)/!
島津の殿様は、幕府から島津家を守るために参勤交代の際にこの言葉を自国に持ち帰り、方言に組み込んで使っていたようです。
さらに第二次世界大戦中は暗号電報が戦況の悪化に伴い使用が困難に。
そんな時、情報交換に採用した暗号が「早口のかごしま弁」だったそうです。
最初はどの国の言語かも分らなかったそうです。(^O^)
(上大田)

①けをけっけ
②けをけにこけけ
③ひったまがる
④うっすい
皆さん分りますか??
※言葉の意味を知りたい方はお電話ください!


上に戻る