薩摩黒酢倶楽部

あまん通信

健康の森からのお知らせ

2016/04/01

あまん通信2016年4月号


陽気満ちる春到来~体を動かしてハツラツと!~


東洋医学の考え方では、春の3ヵ月を発陳(はっちん)と呼ぶそうです。
「陳」は、時間を経た古いもの、という意味があります。
冬の間に溜まっていた古いものを体の外に出すのが「発陳」の時期なのだそうです。
この時期の健康の秘訣は、のびのびと過ごすこと。
少し早起きして、外に散歩に出かけるなど、体を動かすことを心がけることが大切です。
やってみたいスポーツや趣味には春の力を借りてチャレンジしましょう!
この時期に適度に体を動かすことが夏の健康にもつながると言われます。
自然も美しいこの季節、ちょっとおめかしして、出かけてみませんか?


今月のベストショット


「咲いた、咲いたラナンキュラス♪」わが家のペット自慢

11月に植えた球根から花が咲きました。
元気が出る真紅の花、大好きです!
鹿児島県 兒玉様








ナチュラルらいふ


春になると、眠っていた細胞も目を覚まし、血が動き出すため、
血の貯蔵庫である肝臓はフル回転になると東洋医学では言われています。
「肝」を養うのには野菜をとること。
春は新鮮な野菜もたくさん出回る時期ですので、新鮮なものは生のまま、
その他スープや味噌汁に入れるなどして、毎日飽きずに食べられるメニューを工夫しましょう。
また、春は以外と風が強く、乾燥しがちなので、こまめな水分補給を心がけることも肝心。
体を冷やさないよう、白湯を飲むのがおススメです。
携帯ポットに常備して、こまめに飲むよう心がけましょう。


スタッフ日記


息子のおもしろ体験談です。
ポカポカ陽気に誘われて、公園でお弁当を食べることにしました。
ベンチに腰掛けてオニギリを食べていると、2、3羽の鳩がこちらへ。
「鳩ってご飯粒を食べるのかな?」と、ご飯粒を空中に投げてみると、パクッ!
次に、梅味のご飯粒を投げたところ、口に入れた瞬間、横を向いてペッと吐き出したとか。
面白くなった息子は夢中でご飯粒を投げ続けました。
ふと足元を見ると、鳩の大群に取り囲まれていました。

上に戻る