薩摩黒酢倶楽部

あまん通信

健康の森からのお知らせ

2013/07/01

あまん通信2013年7月号

暑中お見舞い申し上げます。ジリジリとした日差しを避けるように、自然と日陰を選んで歩く今日この頃。この時期、鹿児島県内のお寺や神社では、夏の風物詩「六月灯(ろくがつどう)」という、たくさんの灯籠を灯したお祭りが行われます。「ロッガッドー」の愛称で親しまれ、江戸時代から続く伝統行事の一つ。寺社の風情と灯籠の柔らかな光に、ホッとさせられるひとときです。暑さことのほか厳しい折、お身体くれぐれもご自愛くださ ...続きを読む

2001/06/01

あまん通信2013年6月号

梅雨空の毎日です。アジサイの美しさに目を奪われる一方、空は梅雨雲で、どんよりとした日が続いています。6月の異名「水無月」(みなづき)の由来は諸説ありますが、そのひとつに“梅雨で天の水が無くなる月”という解釈があります。恵みの雨ですが、程々に潤してほしいものですね。今年もそろそろ折り返し地点。梅雨の晴れ間のエネルギッシュな太陽は、迫りくる暑さを知らせてくれているようです。暑さ対策をしっかりしてお過ご ...続きを読む

2001/05/01

あまん通信2013年5月号

新緑がまぶしい季節になりました。 暑からず寒からずの良い季節を楽しみたいところですが、ゆく春を惜しむ間もなく、あっという間に日差しが強くなりました。日中は汗ばむ程の陽気で、こちら鹿児島は早くも初夏の装い。「風薫る五月」とはよく言いますが、新緑の香りをまとったような風が揺らす街路樹の青葉に、新しい季節への移り変わりを感じる今日この頃です。これから始まる長い夏に向けて、そろそろ“夏支度”を始めましょ ...続きを読む

2001/04/01

あまん通信2013年4月号

花便りがにぎやかな季節になりました。春も深まり、野山ではひと雨ごとに新緑が深みを増して、鮮やかに色づき始めています。この季節の楽しみといえば、やはり桜。昼に夜に、その時々で様々な表情を見せる姿は、いつの時代も、日本の春の象徴とも言えるものです。今年は昨年より開花が早いようですが、お住まいの地域はいかがでしょうか。桜花爛漫のこの季節。花の見ごろは儚くも短いもの。身体中に春を吸い込んで、美しさを堪能し ...続きを読む

2001/03/01

あまん通信2013年3月号

三寒四温の毎日です。3月までの3カ月は、特に日が早く過ぎるものとは昔からよく言われますが、今年も早いもので4分の1が経とうとしています。3月の異名「弥生」には、「弥」=いよいよ「生」=生い茂るという意味がありますが、その名の通り、草木がいよいよ生い茂るような、過ごしやすい時季となりました。このまま暖かくなるかと思いきや、思わぬ余寒に身震いする日もある今日この頃。季節の変わり目、どうぞご自愛ください ...続きを読む

2001/02/01

あまん通信2013年2月号

春の足音はすぐそこです。2月の異名の一つに、草木張月(くさきはりづき)とあるのをご存知でしょうか。草木の芽が張り出す時期であることから呼ばれています。寒空の下の裸木も、よく見るとちゃんと芽が出ていました。いつ春がきてもいいように、既に支度を整えているようです。そろそろ全国的に梅の開花時期。きっと植物たちは、敏感に季節の移り変わりを感じ取っているんでしょうね。私たちも負けないように、元気に冬を乗り切 ...続きを読む

2001/01/01

あまん通信2013年1月号

謹んで新春のお慶びを申し上げます。昨年は「薩摩くろす丸」発売15周年、また新たに4つの商品の発売という、素晴らしい年になりました。これもひとえに、日頃よりご愛飲くださるお客様のお陰です。心より御礼申し上げます。今年もお客様の健康に寄与できますよう、精一杯努力して参ります。新春とは申しますものの、厳しい寒さが続く毎日です。お風邪などひかれませんよう、お気をつけくださいませ。本年も何卒よろしくお願い申 ...続きを読む

2000/11/01

あまん通信2012年11月号

野山の木々が深まり始めました。日差しが弱まるとともに、日暮れもずいぶん早くなったような気がします。吹く風には、涼しさよりも冷たさを感じるようになりました。日だまりが恋しくなりますね。さて、紅葉を楽しむ時季かと思います。皆様のお住まいの地域はいかがでしょうか。鹿児島は秋が短く、なかなかタイミングが難しいのですが、だからこそ身近にある小さな秋を見つけて、少しでも秋を感じたいものです。(今元) ...続きを読む

2000/10/01

あまん通信2012年10月号

今年も残すところ、あと3カ月となりました。全国的にも、一年のうちで最も清々しい時季ですね。菊の花、キンモクセイの香り、鰯雲、色づきだした山々。こうした自然の変化に、秋への移り変わりを感じる今日この頃です。鹿児島の秋といえば、来月開催される「おはら祭り」。約2万人の踊り手が、繁華街を練り踊ります。丁度今頃は、練習の真最中。お天気に恵まれますように。日増しに秋冷が加わります。お風邪などひかれません ...続きを読む

2000/09/01

あまん通信2012年9月号

秋を告げる風情も見えてきました。日の入りも早くなったように感じる今日この頃。まだまだ日中は夏を思わせるこちら鹿児島にも、確実に秋は近づいているようです。蝉から秋の虫たちのコーラスへと、バトンタッチ。これからの季節、ほっと一息、たまには外で涼みながら美しい音色に耳を傾けるのもいいですね。そろそろ夏の疲れが出始める頃ではないでしょうか。季節の変わり目、どうぞご自愛くださいませ。(今元) 「す ...続きを読む

上に戻る